SmartAudit

SmartAudit®株式会社は、監査からSmartなAuditを目指す方のためにデータ分析ソフトウェアIDEA並びに関連するサービスを提供しています。
私たちが提供するサービスは、次の、たった3つのことしかありませんが、いずれもとっても大事なことです。

SmartAudit®
①データ分析ソフトウェアIDEA

あらゆるデータを様々な角度からデータ分析
DAAT/データ分析監査ソフトウェア

SmartAudit®
②わかりやすいトレーニング

データ分析監査に必要な知識を
トレーニング

SmartAudit®
③データ分析監査の導入支援

結果にコミットするスムーズな
データ分析監査をOJTで円滑に

監査から、SmartAudit®へ

監査の信頼を取り戻すためにSmartAudit®の2つのお約束

SmartAudit®をお手伝い

2015年、ニッポンでは「ガバナンス元年」のハズでした。
ガバナンスコードといわれる制度が導入され、そしてガバナンス先進企業のお手本(大手弁護士事務所のガバナンスコードという書籍の中で)とされていた大手企業で巨額不正会計事件が発覚。誰が見ても明らかな不正会計でしたが、ニッポンの経済新聞は最後まで「不適正会計」といい続けました。そして不思議なことに本質的にはほとんど誰の責任も問われませんでした。いずれまた繰り返され、もと来た道に戻ることになるでしょう。
これまで幾重にも対策がとられてきたハズなのに、このような眼を覆う不正が引き起こされてきたのはなぜなのでしょうか。 多額の監査報酬を支払いながら、長年にわたる不正を放置し続けてきた監査のカイゼンへ十分な対応が行われたでしょうか。
規制当局が当該監査法人の組織全般にわたり重要な監査手続きの不備を指摘しているということは、 不正会計事件の当事者のみならず、他の企業も見逃された監査が放置されていることを示しています。
監査の担当者に尋ねてください。「既知の問題に対して、どのようなカイゼンされた監査手続きを実施しており、 その手続きは十分であるのか?」と。
そして今、2019年ですが、グローバル企業の外国人経営者の巨額不正がニュースを賑わせています。明らかにガバナンスの不全、内部統制の不備と言えるでしょう。 多くの企業では多額の監査報酬を支払っていると感じていますが、一方で不正を見逃した監査人の言い分は、 不正が見逃されたのは低い監査報酬のせいだと主張します。
しかしこれほどの巨額の不正が見逃される劣悪な監査の品質を目の当たりにした後では、 監査品質を上げるためにもっと監査報酬をあげて欲しい、という論理は受け入れがたいものになっています。
現在の監査で必要とされるスキルは変化しており、担当の監査人が適切に提供できていないリスクがあると考える方が自然です。 今の監査手法が「古い」場合には、「新しい」手法が必要です。
これまでの監査はほとんど機能していなかったと断言しても、それは言い過ぎではないでしょう。
仮に、不正を検出できない程度の監査コストと割り切ったとしても、誠実な企業であれば、 検出できない監査に依存していては経営リスクに直結してしまうということは容易に判断されるでしょう。
そうです。今こそ、内部監査を強化し、独自にSmartAudit®環境を構築していくことが求められているのです。
見せかけのガバナンスではなく、あなたの組織にとって何が必要なのか、どうしたら機能するのか、
その答えがSmartAudit®にあります。あなたのSmartAudit®をお手伝いします。

ニッポンを洗濯するぜよ

「ニッポンを洗濯するぜよ」これは、幕末の志士、坂本龍馬の有名な言葉です。ニッポンを洗濯し、洗い替える、 そんな強い意志があって幕末明治維新を迎えることができました。 新しい次代のAuditには、データ分析監査が必要であり、すべてのデータを分析対象として不適正な事象を未然に捉え、修正を求めていく。
これまでの「経験」と「カン」に頼った監査ではなく、これからのSmartAuditとはなにか、真剣に考えていく必要があるのです。
私たちは、あなたの組織の監査や検査に何が欠けているのか、的確にアドバイスすることができます。
これからも不正を見逃し続けるのか、それとも不正を見逃さない監査に舵を切るのか、それはあなたの決断にかかっているのです。

会社概要

会社名 SmartAudit株式会社 (英文表記 SmartAudit Inc.)
代表者 代表取締役 中村 哲也
資本金 1000万円(2018年3月31日現在)
本 社 東京都文京区小石川四丁目20番1号
主要業務 データ分析ソフトウェアIDEAの販売並びに導入支援
データ分析監査に関するトレーニング並びにOJTによる導入支援
データ分析監査/DAATに関する出版並びに講演
データ分析監査に関するプログラミング業務と自動化支援(監査・検査のAI化支援)
その他、ビッグデータ等のデータ分析支援業務等
主要取引先 上場企業、監査法人、会計事務所等
経 緯 2000年7月情報システムリスクマネジメント有限会社 (英文表記 Information Systems Risk Management Inc.)を設立
2004年5月アイエスアールエム株式会社 (英文表記 ISRM Inc.)を設立
2015年6月本社を東京都千代田区内幸町から東京都文京区小石川に移転
2016年4月SmartAudit株式会社に商号変更
 

主要取引先一覧(50音順)

アイシン・エイ・ダブリュ株式会社
アイシン精機株式会社
株式会社アイチコーポレーション
株式会社アドヴィックス
いすゞ自動車株式会社
小田急電鉄株式会社
株式会社カネカ
岐阜車体工業株式会社
株式会社クリーク・アンド・リバー社
コマツ産機株式会社
株式会社小松製作所
コマツリフト株式会社
三協立山株式会社
参天製薬株式会社
株式会社ジェイテクト
塩野義製薬株式会社
株式会社資生堂
株式会社スミトロニクス
第一三共株式会社
株式会社ダイセル
大豊工業株式会社
田辺三菱製薬株式会社
TDK株式会社
株式会社電通
トヨタアカウンティングサービス株式会社
株式会社豊田自動織機
トヨタ車体株式会社
トヨタ車体精工株式会社
株式会社ノーリツ
パナソニック株式会社
日立建機株式会社
日野自動車株式会社
ポリプラスチックス株式会社
株式会社ホンダトレーディング
三井化学株式会社
三菱ケミカルエンジニアリング株式会社
株式会社三菱ケミカルホールディングス
安川オートメーション・ドライブ株式会社
楽天株式会社
株式会社リコー
リコーインダストリー株式会社
その他、検査機関、監査法人、税理士法人等