About Us

Who We Are

page2_img1

あなたの組織の監査をSmartにお手伝い

2015年、ニッポンでは「ガバナンス元年」のはずでした。ガバナンスコードといわれる制度が導入され、そしてガバナンス先進企業のお手本(大手弁護士事務所のガバナンスコードという書籍の中で)とされていた大手企業で巨額不正会計事件が発覚。誰が見ても明らかな不正会計でしたが、ニッポンの報道では「不適正会計」といい続けました。本質的には誰の責任も問わないので、いずれまた繰り返されるでしょう。
これまで幾重にも対策がとられてきたハズなのに、このような眼を覆う不正が引き起こされてきたのはなぜなのでしょうか。10億円を超える監査報酬を支払いながら、長年にわたる不正を放置し続けてきた監査の改善へ十分な対応が行われたでしょうか。規制当局が当該監査法人の組織全般にわたり重要な監査手続きの不備を指摘しているということは、東芝のみならず、他の企業も見逃された監査が放置されていることを示しています。貴社の監査法人に尋ねてください。「どのような監査手続きを実施しており、その手続きは十分であるのか?」と。
多くの日本企業は多額の監査報酬を支払ってきています。不正を見逃した監査人は悪びれることなく、不正が見逃されたのは低い監査報酬のせいだと主張します。しかしこれほどの不正が見逃される劣悪な監査の品質を目の当たりにした後で、もっと監査報酬をあげれば監査品質が上がるということを誰が本気で受け止めるというのでしょうか。
単に現在の監査で必要とされるスキルは変化しており、監査人が提供できていないのです。要は「古い」のです。
これまでの監査は全く機能していなかった、ということは確実で、不正を検出できない監査コストと割り切ったとしても、誠実な企業であれば、このような検出できない外部監査に依存することなく、独自に適切なAuditを追求していく必要は今後とも求められることでしょう。
見せかけのガバナンスではなく、あなたの組織にとって何が必要なのか、どうしたら機能するのか、その答えはSmartなAuditにあります。
必要なデータをインポートして、適宜、分析を実施し、不適正な事象を未然に捉え、修正を求めていく。これまでの経験と勘に頼った監査ではなく、これからのSmartなAuditとはなにか、真剣に考えていく必要があるのです。

私たちは、あなたの組織の監査や検査に何が欠けているのか、的確にアドバイスすることができます。

これからも不正を見逃し続けるのか、それとも不正を見逃さない監査に舵を切るのか、それはあなたの決断にかかっています。

会社概要

会社名 SmartAudit株式会社 (英文表記 SmartAudit Inc.)
代表者 代表取締役 中村 哲也
資本金 1000万円(2016年3月31日現在)
本 社 東京都文京区小石川四丁目20番1号
主要業務 データ分析ソフトウェアIDEAの販売並びに導入支援
監査マネジメントソフトウェアPentanaの販売並びに導入支援
CAATトレーニング並びに導入支援
CAATに関する出版並びに講演
その他、ビッグデータ等のデータ分析支援業務等
主要取引先 上場企業、監査法人、税理士法人、政府機関等
経 緯 2004年5月アイエスアールエム株式会社を東京都千代田区内幸町に設立
2015年6月本社を東京都文京区小石川に移転
2016年4月アイエスアールエム株式会社から、SmartAudit株式会社に商号変更


主要取引先一覧(50音順)

アイシン・エイ・ダブリュ株式会社
アイシン精機株式会社
株式会社アイチコーポレーション
株式会社アドヴィックス
いすゞ自動車株式会社
小田急電鉄株式会社
株式会社カネカ
岐阜車体工業株式会社
株式会社クリーク・アンド・リバー社
コマツ産機株式会社
株式会社小松製作所
コマツリフト株式会社
三協立山株式会社
参天製薬株式会社
株式会社ジェイテクト
塩野義製薬株式会社
株式会社資生堂
株式会社スミトロニクス
第一三共株式会社
株式会社ダイセル
大豊工業株式会社
田辺三菱製薬株式会社
TDK株式会社
株式会社電通
トヨタアカウンティングサービス株式会社
トヨタ自動車株式会社
株式会社豊田自動織機
トヨタ車体株式会社
トヨタ車体精工株式会社
野村ホールディングス株式会社
株式会社ノーリツ
パナソニック株式会社
日立建機株式会社
日野自動車株式会社
古野電機株式会社
ポリプラスチックス株式会社
株式会社ホンダトレーディング
マスミューチュアル生命保険株式会社
三井化学株式会社
三菱ケミカルエンジニアリング株式会社
株式会社三菱ケミカルホールディングス
安川シーメンス オートメーション・ドライブ株式会社
楽天株式会社
株式会社リコー
リコーエレメックス株式会社
リコーインダストリー株式会社
YKK株式会社
その他、検査機関、監査法人、税理士法人等

Learn More

What We Can

時間短縮を考えましょう

同じ監査をするのであれば監査時間は短い方が良いに決まっています。監査部門では間接業務にその多くの時間を費やしているといわれ、本来の監査業務の時間が相対的に減少しています。本来の監査業務に適切な時間を引き当てるために、その他の時間短縮を本気で考える必要があるでしょう。
素早いデータ分析によって監査人は、より重要な判断のために時間を割くことが可能となりますし、監査の文書マネジメントによって、監査調書を効率良く管理することができるようになるのです。

監査に必要なのはアイデア

クライアントのほとんどは、私たちが販売するソフトウェアを試用することなく、購入に至っています。
一見、不思議に思われるかもしれません。しかし、私たちにとって、これは決して不思議なことではありません。クライアントは、私たちの監査に対するアイデアに価値を見出しています。監査に必要なのは、どのようにソフトウェアを監査に活用するかという想像力、発想力なのです。監査に必要なのはIDEAです。

誠実なクライアントのパートナー

多くの日本人は「大きい」ことが強くて素晴らしいことだと思っています。しかし本当はそうではありません。私たちは「正しい」ということが真の強さであり素晴らしいことだと考えています。そして「不正」を見過ごすことは「悪い」ことだと考えています。
不正を見逃さない強い意志を持つ監査人の誠実なクライアントのコンプライアンス経営を支えるために、私たちは良きパートナーとしてありたいと考えています。

Offering ideas that raise your audit above the expected

Don't let fraud go undetected. 不正を見逃さないAuditorに必要なことのすべてがあります。